ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

漂う風格。
細部まで力強い
美しさに満ちて
います。
「京都洛冑会」兜飾り
コンパクトサイズながら一水の技を極めた「総裏打」の兜飾り。黒小札(くろこざね)に鮮やかな正絹赤糸縅(しょうけんあかいとおどし)の色の取り合わせが美しい。
京都洛冑会 平安一水作 兜飾り
(間口50×高さ40×奥行30cm) 399,600円
平安 一水 (へいあん いっすい)
父・三代目平安一水に師事し、祖父の代から受け継ぐ技法を活かす錺(かざり)甲冑師の四代目。
お取り扱い店舗
西 武池袋本店
そごう横浜店、千葉店、神戸店、広島店
  1. 左:春日大社所蔵の国宝鎧にも見られる、竹に雀の金物。
  2. 右:兜の小札(こざね)は「極上総裏打」。黒漆を幾重にも塗り重ねることで、重厚感のある光沢が生まれます。
[京都洛冑会]
伝統を受け継ぐ名工の手から鎧や兜の精緻な美しさが生まれます。
京都洛冑会は、粟田口清信、平安一水、平安武久ら、京都の甲冑製作の名匠による会。結成時には、甲冑五百体を製作し、平安神宮で祓い清め、会の門出としました。素材の吟味、細部にわたる精巧な手作業、金属部分の高度な鍛造・彫刻技術を継承する姿勢を貫き、伝統を守り続けています。
鳥毛打出しの長鍬形が映える京都らしい兜。
ご家紋が前立にあしらわれた、格調高い兜飾り。
京都洛冑会粟田口清信作 兜飾り
(間口55×高さ51×奥行36cm) 324,000円
粟田口 清信 (あわたぐち きよのぶ)
先代・粟田口清信に師事し、甲冑の基本形から小さな部分まで、手作りによる技術を研鑚する京人形の伝統工芸士。
お取り扱い店舗
西 武池袋本店、所沢店
そごう横浜店、千葉店、神戸店、広島店、大宮店
  1. 左:粟田口清信が、銅版をひとつひとつ丹念に鏨(たがね)で打ち出し、ご家紋を前立に刻み込みます。※製作には10〜15日程度かかります。
  2. 右:前立は家紋を取り、本金箔押の龍頭を付けることもできます。
若草色の萌黄糸縅(もえぎいとおどし)が目にも鮮やかな兜収納飾り。
平安武久が丹精込めた京物の収納飾り。
京都洛冑会 平安武久作 兜収納飾り
(間口35×高さ41×奥行29cm、
収納時:間口35×高さ16×奥行29cm) 216,000円
平安 武久 (へいあん ぶきゅう)
祖父から続く一子相伝の技を継承。「京もの」ならではの伝統に新しい感性を加え、新境地を拓く京人形の伝統工芸士。
お取り扱い店舗
西 武池袋本店、渋谷店、所沢店、東戸塚店、高槻店、福井店
そごう横浜店、千葉店、神戸店、広島店、大宮店、川口店、西神店
  1. 左:鍬形台に施された細密な鶴の金物が美しい。
  2. 右:縅(おどし)糸の色のグラデーションも見事。

各店からのご案内

ページの先頭へ