ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

知ってナットク!進物のルール

ご贈答時のマナーやしきたりのルーツ、役立つ豆知識をご紹介。
のし紙、のし袋、目録の書き方や包装の仕方も詳しくご紹介します。

心を贈る

ひとを思いやる心。それが進物の原点であると思います。
嬉しいことにつけ悲しいことにつけ、わたしたちの先人はその形のない「心」を、ものを贈ることに託して伝えてきました。
そこに文化が生まれ、ルールが受け継がれてきました。その一端をご紹介します。

進物の「包み」

金包み ~中包と外包~

・ご用途にそった色々な金封(祝儀袋や不祝儀袋)が販売されていますが、自分で包むことも出来ます。

・中包を作り、さらに外包みするのが正式です。

1.中包は半紙を使用し以下のように包みます。

(この包み方は風呂敷や袱紗と共通ですので、覚えておくと便利です。)

●中包み(ふくさ包み)

金包み・図

2.外包は奉書紙や檀紙を使用し以下のように包みます。

●外包み(たとう包み)

外包み・図

・これらの折り方は礼法のひとつで、陰陽説からきていると言われています。

・折る順番は「左(陽)が先、天(陽)が先」と覚えておくと良いでしょう。

目録 ~正しい書き方、折り方~

目録・図

包装 ~対角線包装のルーツ~

・百貨店などで行われている対角線包装(斜め包み)も「ふくさ包み」の応用です。

・商品を縦にして見ると、「左が先、天が先」となっていることがわかります。

●対角線包装

包装・図

袱紗 ~袱紗を使おう~

・金封は袱紗に包んで持参するのがマナーです。

・慶事には赤系の明るい色のものを、弔事には紺や濃い紫を使います。
紫は慶弔両方に使用出来ますので一枚用意しておくと便利です。

・袱紗の包み方は、前述の金封の中包みと同じです。

●袱紗

袱紗・図

風呂敷 ~使われなくなったが~

・風呂敷は、かつては、ちりよけ・持ち運び用の言わば万能バッグでした。丁寧な進物は風呂敷に包んで持参したいものです。包みをほどいて、品物を正面にむけて(先様が表書きが読める向きにして)お渡しします。

・百貨店などの手さげ袋(ショッピング・バッグ)ごとお渡しするのは失礼です。
品物は袋から出し、お渡し(向きは風呂敷のときと同じ)します。袋は折りたたんで持って帰ります。

・風呂敷の包み方は色々ありますが、もっとも一般的な「平包み」は、前述の金封の中包みと同じです。

・品物を縦にして見ると、「左が先、天が先」となっていることがわかります。

●風呂敷(平包み)

風呂敷・図

ページの先頭へ