ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

お中元

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

西武・そごう 公式アプリ

西武・そごう 公式アプリ

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter

ニュースメール

お得な情報をお届け

西武・そごうのお中元2018は終了いたしました。
来年もどうぞご期待ください。

e.デパートからのお知らせ

2018年8月7日
西武・そごうのお中元2018は終了いたしました。来年もどうぞご期待ください。

[西武・そごうのお中元]バイヤーのおすすめ

お中元講座

Q:お中元は、どうして贈るの?

A:お中元は、季節のごあいさつ。お世話になった方に、感謝の気持ちが、しっかり伝わる贈り物です。

卒業、就職、結婚。大人になるほど、お世話になる人は増えていきます。
長いお付き合いだから、折にふれて感謝の気持ちを伝えたい。
お世話になったなあ、という人の顔を思い浮かべて。
あなたからお中元が届いたらどんな顔をするでしょう?
これをきっかけに、はじめてのお中元、はじめてみましょう。

たとえば「お中元は誰に贈るの?」とお悩みでしたら、まずは、いちばん大切なあの人へ。
あなたのご両親はもちろん、学生時代の恩師や、お仕事の関係、結婚の時にお世話になった人などに贈るものですが、 全員に贈るのはさすがに大変。
まずは、一番大切だと思う人から始めましょう。
大人になると、大切な人がどんどん増えていきますが、同じ相手に継続してお中元を贈ることが大切かもしれません。

お中元の時期と由来

「お中元」とは勤め先や取引先、親戚や両親、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、ギフトを贈る夏のご挨拶。シーズンになると店頭には数多くのお中元の品が並びます。夏にさしかかると、どんなものをあげるか悩み始める頃ですが、いつ、どうしてお中元でギフトを贈る文化がはじまったのか、ここでは日本のお中元の由来や意味、期間やマナーについてご紹介します。
Q:お中元の由来と意味

A:お中元の由来は中国の道教の祭事が始まりです。道教には、「上元」「中元」「下元」という3つの祭日があり、それを総称して「三元」と呼んでいました。上元は旧暦の1月15日、中元は旧暦の7月15日、下元は旧暦の10月15日です。この3つのうちの1つである中元の7月15日は、中国の地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という名前の神様の誕生日。罪を犯した人を許してくれる神様だということから、当時の中国の人々はお供え物をしてお祝いしていたとされています。
また、中国の仏教では同じ日の7月15日に「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言われる行事が行われており、日本に仏教が伝わると、お盆の風習であるご先祖様にお供えをしたり、親族に贈り物を贈ったりするように。この盂蘭盆会の行事と、中元の行事が一体化し、7月15日あたりに、お世話になった人に贈り物をするという風習が定着しました。これがお中元のはじまりです。

Q:お中元を贈る期間「いつから いつまで?」

A:お中元を贈る期間がいつからいつまでなのか分からず悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。一般的には7月初旬から7月15日までに贈りますが、地域によってはお盆の時期が異なるのでお中元の時期も異なります。東北や関東では7月1日から7月15日頃、北海道、東海、関西、中国、四国では7月15日から8月15日頃です。九州は8月初旬から8月15日です。しかし、沖縄は旧暦の7月15日までに贈るので、年によって時期が変わるのですが、2018年の旧暦のお盆は8月23日~8月25日です。地域によってお中元を贈る時期が若干異なっているので、贈る相手の地域に注意しながら準備するようにしましょう。

Q:お中元を贈る際のマナー

A:近年デパートや百貨店では5月末くらいの早い時期からお中元を受付けています。そのため「早めに送ってしまおう」と思いがちですが、このタイミングでお中元を贈るのはマナー違反。早い段階に準備をする場合は、配達日を指定したりして、贈る相手の地域のお中元期間を守るようにしましょう。また、お中元を贈るタイミングを逃してしまった場合は、その地域で適用されているお盆までの期間であれば「暑中見舞い」として贈ります。
東北、関東の場合は、8月7日ごろの立秋までは「暑中御見舞」とし、更にそれを過ぎたら8月末くらいまで「残暑御見舞」とします。北海道、東海、関西、中国、四国、九州は、先方に届くのが8月15日を過ぎてしまう場合は、8月末くらいまで「残暑御見舞」として贈ります。

◎まとめ

お中元の由来や意味、期間やマナーについてご紹介しました。お中元は日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを表すものです。地方によって贈る時期が異なることを意識して心を込めて贈るようにしましょう。

お中元の渡し方

普段お世話になってる方に感謝の気持ちとお礼を込めて贈る「お中元」。最近では宅配便で送ることも多くなりましたが、お中元には正式なマナーとされる渡し方があります。お中元シーズンに備えて、ここではお中元の渡し方についてポイントをご紹介していきます。
Q:お中元の渡し方

A:お中元は親戚や知人、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈ります。お中元の渡し方は、持参する場合と宅配を利用する方法がありますが、基本的には手渡しするのがベストです。手渡しする場合はお会いする時間を作ってもらうことになるので、まずは相手の都合を確認し訪問しましょう。お中元の品物は風呂敷に包んで持参するのがマナーですが、近年では紙袋で持参することも多くあります。紙袋で持参する場合には紙袋から品物を出して相手側に正面がくるようにして、両手で渡します。紙袋のまま渡すのはマナー違反になるので、必ず袋から出すようにしましょう。また、取引先の会社へお中元を贈る場合は、会社を代表して贈ることになるので会社の判断を仰いだ上で渡し方を決めます。

Q:お中元の熨斗(のし)の選び方、書き方

A:お中元に使う「のし」は飾り紐である水引が紅白の「蝶結び」を使います。蝶結びは「花結び」とも呼ばれますが、ほどいても何度も結び直すことができることから「何度繰り返してもいい」祝い事に使います。蝶結びの上段には「御中元」という文字を入れ、下段には「御中元」の文字よりも少し小さめに自分の名前を記入します。会社名を入れる場合は名前の右側に小さく書き添えます。連名で記入する際には、右側が上司や目上、左側に目下という順に記入していきます。

◎まとめ

お中元は手渡しがベターですが、遠方の方には宅配便を利用して送る方も増えています。今年のお中元はここでご紹介した渡し方を意識しながら、ぜひ感謝の気持ちを込めてお中元を贈ってみてはいかがでしょうか。

お中元 お礼状の書き方

お中元のシーズンにはお中元を贈るだけでなく受け取ることもありますよね。お中元を宅配便で受け取った際に、お礼を電話やメールで済ませたりしていませんか? 実はお中元を受け取った際には、お礼状を送るというのが正式なマナー。日頃の感謝の気持ちとお礼を込めてお礼状を書いてみましょう。ここでは、お礼状についてのマナーやポイントをご紹介していきます。
Q:お中元を受け取ったらお礼状を書くのがマナー

A:お中元を受け取ったらお礼をするのがマナーです。お礼をするというのは「お礼状」を出すこと。お中元を受け取ってから2~3日以内にお礼状を出すのが良いでしょう。お礼状は「お中元を無事に受け取りました」という報告と、贈ってくれた心遣いに対して、お礼の気持ちを伝えるという大切な役割を果たします。最近では親しい間柄の場合は電話やメールで済ませる方も多くいますが、目上の方には電話ではなく、きちんと書面でお礼状を送るようにしましょう。

Q:お礼状の書き方

A:お中元を受け取ったらお礼状を書くのがマナーとは言え、「書き方がわからない」という方もいらっしゃることでしょう。お礼状は封書の縦書きかハガキで送るのが一般的です。ハガキよりも封書の方がより丁寧な印象を与えるので、ハガキよりも封書の方が喜ばれることでしょう。
お礼状に書く内容としては、以下の内容を盛り込んで書きましょう。

・語頭(拝啓など)
・時候の挨拶(季節のあいさつ)
・相手の近況を尋ねる
・お中元をいただいたお礼の気持ち
・今後のおつきあいをお願いする言葉
・相手の健康を気遣う言葉
・結語(敬具など)

お礼状を書く相手が親しい間柄の場合は、相手の近況のみでなく、こちらの近況に触れてみてもよいでしょう。

Q:お礼状はメールでもいいの?

A:お中元を頂いたら書面でお礼状を書くのがマナーですが、親しい間柄の場合は電話やメールで済ませる方もいます。最近ではビジネスシーンでもメールで感謝を伝えお礼することもあります。しかしながら、封書やはがきの書面でお礼状を書くのが一般的なマナー。メールをする場合は取り急ぎのお礼の気持ちを伝え、改めて封書でお礼状を送るとより丁寧な印象になります。

◎まとめ

お中元のお礼状のマナーや書き方をご紹介しました。お中元はもらいっぱなしにせず、きちんとお礼状を書くというのが一般的なマナーです。メールや電話で済ませずに、封書で改めてお礼状を送るのが大切。お中元を受け取ったらすぐにお礼状を送ることがポイントです。今年のお中元シーズンにお中元の贈り物を考えている方は、是非参考にしてみてください。

お中元 お返しについて

日頃お世話になっている感謝の気持ちを込めて贈る、夏のご挨拶のお中元。思いがけずお中元を頂いたけれど、自分は用意していなかった...なんてこともきっとあるはず。そんな時に、慌てずに対処できるよう、ここではお中元のお返しや予算、期間やマナーなどについてご紹介していきます。
Q:お中元のお返しは必要?

A:お中元を頂いたとしても、お返しは必ず必要というわけではありません。しかしながら、何も連絡をしないのはマナー違反になります。相手もお中元が無事に届いたか心配になっているかもしれないので、お中元を頂いたら届いた旨をお知らせしましょう。そして、お礼の気持ちを込めて速やかに書面でお礼状を送るのがマナーです。最近では親しい間柄であれば電話でお礼を伝える方も増えていますが、お礼状を送った方がベター。また、お中元のお礼として何か品物をお返しをしたいという方は、まずはお礼状を送り、一週間ほど期間を置いてからお返しを送るのがいいでしょう。

Q:お中元のお返しの予算はどのくらい?

A:お中元を頂き、お返しをする場合に注意すべきはお返しの予算です。一般的には頂いた品の金額の半分から同等程度の予算でお返しをします。親しい友人や同僚の場合は、同等の予算のお返しでも大丈夫ですが、目上の人や目下の人、または親しい間柄でないような場合は、頂いた品よりも安価なものや半額程度のものでお返しするのがマナーです。頂いたものよりも高額になるお返しをすると「次からはお中元はいりません」という意味になります。お返しをする際にはこの点に注意しましょう。

Q:お中元のお返しの「のし」は?

A:お中元のお返しをする際の「のし」は水引が紅白の蝶結びを使います。そして、一般的にはのしの表書きには「御中元」「お中元」と書きます。贈る相手が、目下の人の場合は「お礼」「御礼」と書くこともあります。また、お中元を受け取ってからお返しをする場合には期間を置いてからお返しすることから、お中元期間を過ぎてしまうこともあります。お中元期間を過ぎてしまった場合、のしは「御中元」ではなく、「暑中見舞い」「残暑見舞い」としてお返しをするとよいでしょう。また、関東や関西など、地方によってもお中元の期間は異なるので、お中元の期間を意識してのしを選ぶようにしましょう。

◎まとめ

お中元のお返しのマナーについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。お中元を頂いたからといって必ずお返しの品を贈る必要はありませんが、お礼の気持ちを込めて必ずお礼状は贈りましょう。またお返しの品を贈る場合にはお中元を贈る期間や予算に注意しましょう。マナーを覚えておいて、相手にも喜んでもらえるようなお中元のお返しをしてくださいね。

お中元 商品の選び方

Q:お中元には何を贈ればいいの?カタログを見たらたくさんあって迷うなぁ。

A:よろこんでもらえるものを考えることが大切。「私の定番」ができたらベストです。

せっかく贈るのですから、届いた先で毎年話題になるようなものがいいですよね。
「ああ、いつものハムの人から届いたわよ」とか、「今年のフルーツはマンゴーだ!」などなど。
また選べるカタログギフト「ごっつお便」なら贈られた方が商品を選べるので好評です。 そのためには、お中元もやっぱり毎年欠かさず贈ることが大切です。
「私の定番」が作れると、お中元のやり取りの中で継続的なお付き合いがより深く感じられます。

Q:正直、せっかく贈るのだから、失敗しないポイントは?

A:最低限のことを守れば、難しいマナーはありません。
いくらくらいのものがいいの?
相場は3,000円〜5,000円。実際は、気持ちを伝えるものだから、いくらであっても立派なお中元です。

相手や自分が喪中の時は?
お中元を贈ってもOK。ただ、四十九日まで(忌中)は避けて、終わった後にその時期にふさわしい表書きで贈りましょう。

◎まとめ

お中元は継続がポイント。最初は不安でもぜひ「私の定番」をみつけてご自身ならではのお中元の送り方を楽しんでください。

カタログの商品番号から検索

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中