ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

深堀隆介

深堀隆介

深堀隆介

エポキシ樹脂にアクリル絵具で金魚を描き、層を重ねることで、生きている金魚がそこに泳いでいるような錯覚を与える作品。
どこかユーモラスでありながらシリアスさを覚える独特の雰囲気を湛えています。

■作家略歴
《深堀隆介》1973年愛知県生まれ。1995年愛知県立芸術大学メディアデザイン専攻卒業。1999年より制作活動を始めるも、2000年にスランプ。この時に7年間粗末に飼っていた金魚に初めて魅了されることに。この時の体験を作家本人は"金魚救い"と呼んでいます。以降、器の中に樹脂を流し込みその上に直接金魚を描くというオリジナル技法を発表、以後金魚を通してジャンルのとらわれない多彩な表現で熱い注目を集めています。

対象商品はありません。

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中